スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category(スポンサー広告)  
模様替え。
模様替えっていうか、衣替えの季節なんでテンプレート変えてみた。というか、初期時代に戻した形になるわけだが。まずかえました、戻しました。



今日なんかあったかなぁ?あっ、そぅ②。今日は学校にペンケース忘れて不便でした!!・・・・・つまらなぃっ!!そういぅことなんで・・シンデレラかきまぁす。あの残酷のね??フゥ・・。イクゾ!!(>д<)/オゥッ


『シンデレラ』・・その人は別名、『灰かぶりの女』といわれていました。継母や意地悪な姉たちにいつも灰の中に豆をまかれそれを拾えといわれていました。ですから、灰かぶりの女といわれていたのです。

ある日のことです。お城でお祭り(披露宴?)があるということでした。また、王子の婚約者も考えるとのことで、継母たち一家は準備をしました。「さぁ、行きますよ。あらっ?シンデレラ。あなたは何をしているの?」「えっ・・?」シンデレラは自分がいけるものだと思っていました。「シンデレラ。あなたはいつものように家でやることをやっていなさい!留守番よ。何してるの?早くしなさい。やることして!!」その時、娘たちがドレスに身を包み2階から降りてきました。「準備ができたわ。ママ!行きましょ。」「シンデレラ。ほら、豆がたくさん落ちてる。速く拾ってよ!全部ね。フフフッ。」3人はシンデレラをあざ笑いお城に向かいました。「いってらっしゃいませ・・・」

シンデレラは、また灰の中の豆を一粒一粒拾いはじめました・・。「私も・・ドレスを着たい。お城に行って・・踊りたい・・!」シンデレラはそう思いながら時はたっていきました。その時庭に白い光が見えました。「何かしら・・?」シンデレラはそう思いながら、光の元へ向かいました。その光は・・一瞬にしてぽっちゃりとしたおばさんになりました。「きゃっ!!・・・・あっ、あのぉ・・・どなた様ですか?」くるっと振り向いたおばさんは元気に・・「あぁら!あなたがシンデレラ??こんばんは!私は魔法使いよ!!あなたの大変つらい生活に我慢できなくなってね!?きてしまったの!!」もちろんシンデレラは信じるはずがありません。「なんのことですか?や・・やめてください。困ります!」シンデレラは足早に家の中にもどろうとしました。「ホホホッ!シンデレラ?あなた綺麗なドレスを着たいんでしょ?」シンデレラはぴたっと動きを止めました。「えっ・・」「フフ。お城に行って踊りたいんでしょう?ねぇ??」「はい・・!」シンデレラは魔法使いに願いを説明しました。「分かったわ。シンデレラ・・。かなえてあげましょう?でも条件があるわ!12時までには・・帰ってきなさい。いいわね?」シンデレラは目を輝かせながら、「はいっ!」と返事しました。
そして、魔法の杖の一振りで・・・シンデレラはドレスに身を包み、かぼちゃは馬車になりました。


シンデレラは急いでお城へ・・・。そこで、王子と出会いました。踊っていくたび2人はひかれ合いました。「王子様・・。わたしなんかと踊ってくれるなんて・・。」「君は・・私の妻になる気はないか?」シンデレラは驚きました。「えっ・・。」奥さんになれるのど思っていなかったからです。しかし・・ゴーンゴーン・・・12時をしらせる時計の鐘がなりました。「あっ!12時だわ。ごめんなさい。わたし・・帰らないと!!」シンデレラは全力で走りました。「お待ちください!お嬢さん!名前・・名前だけでも!!」シンデレラは教えるヒマなどありません。ましてや、普通の生活とのギャップで信じてもらえないと思ったからです。そこでシンデレラは・・(そうだわ・・。このガラスの靴をっ!)シンデレラは走っている間に靴を脱ぎおいていきました。そして姿を消しました・・。「これは・・あのお嬢さんの靴か・・。おいっ!誰か・・。おいこの靴の・・」


シンデレラは無事家に着きました。そしてその後継母たちも帰ってきました。「お帰りなさいませ・・。」「楽しかったわ!王子様かっこよかったぁ!きっと・・あたしにほれたわよぉ」「何いってるのお姉ちゃん!あたしよ。あ・た・し!」2人は口争いを始めました。その様子を見ていたシンデレラは吹き出しそうになりました。「あっ、豆が・・。」うまく下を向いてフォローしました。「まぁ・・どっちでもいいわよ。とにかく・・王子様と結婚できれば。そういえば、シンデレラ?あなたみたいな人をお城で見かけたのだけど・・?」シンデレラは一瞬驚きましたが、「そんな・・ありえませんよ。そんなこと・・。」
「そうね・・灰被ってまめひろっていたものね」


翌日のことです。街が騒がしくなりました・・。「どうされたんですか?」継母は忙しそうにしていました。「シンデレラ!邪魔よ。家中をまず綺麗にしなさい!!王子様が来るの!!」「えっ!?」
「驚いてる場合じゃないわよ!!昨日王子様がお惚れになった女の人がガラスの靴を落としていったんですって。名前も知らないからぴったりの人にって・・。」シンデレラの思い通りになりました。
継母は娘2人に驚きの命令をしました。「いい?よくお聞き・・。靴がはまらなかったら・・、このナイフでかかとを切り落とすの。いいわね?信じられない天国がまっているわよ。フフフ。」娘二人はそのことしか頭になかったため、その命令を飲んだのです!
そして、とうとう家にやってきました。まず最初は長女・・。2階の自分の部屋で履きましたが・・はいりません。そして・・かかとを切り始めました。まるで牛肉をスライスするように・・。長女は痛みをこらえ、布団のシーツをぎゅっとつかみしめました。そして、靴ははまったのです。
「この人が!!私の嫁となる女だ!!」作戦はうまくいったと思いました。しかし城に入る手前で、1羽のはとが歌い始めたのです。「見てごらん。ほぉらきちんと見てごらん王子よ。ガラスの靴の後ろが血に染まっているよ!おかしいよ。なぜだろう。それは無理やりはめたからさ。王子!王子!その女は~偽者だ。♪♪」
長女は家に帰されてしまいました・・。そして次は・・次女の番です。「よくお聞き!いいかい?こんどはまらなかったら・・・あんたは、指を落とすんだ。」次女はうなずき2階に向かいました。そして、指を切り落としたのです・・。ボトボト・・という音と共に血が滴り落ちます。「あうっ・・。」そして、それを王子にみせると・・「今度こそ・・この方が私の嫁となる女だ!!」継母は今度こそうまくいったと思いましたが、またもやハトが・・「見てごらん。ほぉら見てごらん王子よ。ガラスの靴の先に血がたまっているよ!おかしいよ。なぜだろう。それは指を落としたからさ。王子!王子!その女は~偽者だ。♪♪」
次女も家に帰されてしまいました。そして王子は・・「君・・いいかな?はいてみてくれないか!」シンデレラは恐る恐る・・靴を履きました。もちろんぴったりです。「なぜ!?なぜ・・お前が!シンデレラ?なぜなの!?」シンデレラは今までのつらさから解放されたことでいっぱいでした。そんな声聞こえるはずもありません。
そしてハトは・・「おぉ!すばらしい王子よ!この人こそが靴の持ち主だ。ぴったりだぁ。その方こそがお嫁さんなんだ~♪♪」


二人は数日後結婚式を行ないました。付き添いとして娘二人も出ました。足の痛みは麻痺して感じることがありません。そしてお城に二人が寄り添って向かっているときのことです・・。ハトが飛んできて、娘2人のめをつつき始めました。そしてボロッと2人は片目の目玉がとれたのです!しかし、2人はそれを隠しなんとかお城に到着しました。そしてまたハトがもう一方の目をつつき取ってしまったのです。二人の目は空洞です・・。なにもありません。そして、二人は頬に血の涙を流し倒れ力尽きました・・・。周りの人々はてっきり座り込んで土下座しているように見えたため、何も驚きませんでした。そしてみんなお城の中へ・・・。二人を見つめていたのは、継母でした。しかし、継母も魂を吸い取られたように倒れこんでしまいました・・。後ろからハトが心臓を突き破ったのです・・・。「シンデレ・・ラァ・・」その一言を残して、継母も力尽きました。

シンデレラは幸せに王子と暮らしました。(終)



こわいっすね。というか、ホントは生きてられないよ。あんな状態でっていうのが多すぎよ!!

以上です。あぁ、つかれた・・。(^o^;)
スポンサーサイト
Category(未分類) TB(0) CM(4)
New Log | Top Log | Old Log
COMMENTS
もう・・・残酷すぎだ・・・。
指を切ってまで、履こうとする娘たちもヤバイが、王子も一目で気づこうや(-_-;)
顔すら覚えてないんかい・・・。

シンデレラが王子と結婚した事で、継母達への復讐は済んだだろうに・・・、殺す必要なんてないだろうに・・・(^^;)

子供が読んだら、トラウマになるぞ(;^_^A

テンプレ良いね(^▽^)
momoさんは、クマが好きなのかな?
 URL 2005/09/14 00:44 #X.Av9vec EDIT
http://www.shanghai.or.jp/life/omoshiro/02.html
↑中国語でシンデレラは、灰姑娘(灰クーニャン)って書くらしいよ~。
原作は灰かぶりの方がイメージ強いみたいだねぇ~。
ひろ URL 2005/09/14 12:44 #- EDIT
>侑さん

おかしいですよね。原作の展開って・・。(^-^;)ドッキリです。
熊・・すきというかぁ。まぁ、このテンプレがかわゅくて(*o-o*)でもですね、プーさんはすきです。ダイスキです!!!!!


>ひろさん


しりませんでした!中国でもそうなんだぁ・・。へぇ~(O▽O)
ドッキリですねぇ!!ひろさんって豆知識の天才??
momo URL 2005/09/14 19:29 #- EDIT
ニュースで香港ディズニーランドのシンデレラが「灰姑娘」って書いてあったのを思い出しただけなんだけどね(^^;)
ひろ URL 2005/09/14 19:42 #- EDIT
COMMENT FORM
NAME
MAIL
HOME
PASS
COMMENT
TRACKBACK ADDRESS
http://yamazakimomo.blog11.fc2.com/tb.php/41-4f3d5a71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TRACKBACKS


SEARCH THIS SITE
CALENDAR ‥ 2018/04
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
Prev 03 | Next 05
プロフィール

momo

  • Author:momo
  • MOMOぶろぐ☆へようこそ。
    東北のどこかに住んでる学生ですょ~v学生っつうと、小・中・高・大あるヶど。。。そこは想像でおまかせ♪リップスライムが好きです★
    コメントとかトラックバックとかヂャン②してください!!まってますょぉ♪もちろんリンクも一声くれればOKですっ★ 上の写真は…溺愛する猫でありますっ。ニモとの2ショット。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
Skin by TABLE ENOCH


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。